日ユ同祖論

日ユ同祖論(日猶同祖論、にちゆどうそろん)は、日本人縄文人)の祖先が2700年前にアッシリア人に追放されたイスラエルの失われた十支族の一つとする説。(wikipediaより)

 

日本人のルーツはユダヤ人(古代イスラエル人)である。

その証拠に例えばヘブライ語の話をすると、

相撲のハッケヨイ ノコッタは

ハッケヨイ、ノコッタ(撃て、やっつけろ、打ち破れ)

ジャンケンポンは

ジャン(隠して)ケン(準備)ポン(来い)となる。

 

後は国家である君が代は

クム、ガ、ヨワ(立ち上がり神をたたえよ)

チヨニ(シオンの民)

ヤ、チヨニ(神の選民)

ササレー、イシノ(喜べ残された民よ、救われよ)

イワオト、ナリタ(神の印は成就した)

コルカノ、ムーシュマッテ(全地に語れ)

となる。

 

シオンとは、心の清い者、という意味があるが、古代イスラエル人は心が清いものがほとんどのため、

シオンの民=古代イスラエル・ユダヤの民 となる。

これらは聖書に教義の誓約として書いてある。

 

 

そのため、「死海文書」に記載されているイスラエルのメシアとは、日本人を指すと噂されているが、

確かにイスラエルのメシアとは、古代イスラエルのルーツを持つ日本人のメシアを指す。

遥か昔の予言においても、わが国日本は、非常に重要な国とされている。