結界 五弦の法則について

結界とは、聖域の事です。

霊に近寄られたくない場合に、結界を張る事で、守る事が出来ます。
それは、張る対象により、効果は異なりますが、基本的には結界は人に張ります。

 

人に張れば、その人に霊が憑依する事はありません。
霊が憑依をしてしまうと、その霊の影響をダイレクトに受けてしまいます。
また、人は目に見えないものに恐怖心を持ちますから、霊が憑依しない保証は、非常に安心出来る環境と言えるでしょう。
霊以外にも呪いもシャットアウトする事が出来ますから、日常に不安を感じている方にもお勧めです。

 

また、乗り物に張る事も出来ます。稀に、行く場所等にもよりますが、非常に狂暴な悪霊を引き付けてしまった場合、運転中等、危ない目に遭ってしまう可能性もあります。

乗り物にも張ってあり、その人自体にも結界が張られていれば、二重にかたい、という事です。
狂暴な霊以外にも、人を誘いこむような霊も居ります。右に曲がるか、左に曲がるか、といった所で霊に魅せられて、引き寄せられるように選択を誤ってしまい、その先で事故に遭って命を
落としてしまう、という事も勿論あり得る事です。中々、何も感じない人にはイメージがしにくいかもしれませんが、霊感が有る無しに関わらず、その霊と波長が合ってしまった場合は、
簡単に交通事故に巻き込まれてしまったり致します。霊は人を誘い込む事もあるのです。

家に張る事も勿論可能です。家に張る事で、家の中に霊が入り込まなくなります。

家の中まで霊の侵入を許してしまいますと、足音がしたり、霊の気質によってはポルターガイストが起きたり、常にみられているような感覚に陥ったりします。
外から付いて来た霊に布団の上からのしかかられたり、常に付きまとわれる事も、普通の感覚からすれば、気味が悪い事かと思います。
ですから、家に張る事で、ドアから中には入れないようにする、といった対策も、結界を応用する事で可能ではあります。

結界はペットにも張れますから、心配な場合はおすすめです。

本来は無いに越した事はありませんが、現状悪魔崇拝組織等による呪いの横行や、黒魔術等も関心がある方は多いでしょうから、多くの呪いにより苦しむ人々がいらっしゃいます。
そのような方々にも、安心して日々過ごして頂くためにも、結界は、お勧めを致します。

結界には種類があり、一般的に術者がかける施術は、例えば数週間程度で自然に効果が切れるもの、もしくはこういう行動を起こしたら、この人に会ったら解けてしまう、といった弱い施術になります。

ですが、かつてブルガリア王国にいらっしゃったベラ・コチェフスカ女史が編み出した、五弦の結界という五角に結界を張り巡らせた特殊な技法の結界は、単純にその結界を五重に張る事ではなく、特殊なパワーを使ってしっかりと張り巡らせる、秘伝の施術法によるものになり、施術した本人が解かない限り、決して解ける事はありません。

私は、ベラ女史の第一弟子である、米国の師匠より伝授を頂きました。こちらの結界を使えば、霊障や呪いに苦しむ事はありません。

 

ですが、霊の憑依は、あくまで同化、乗っ取りを指します。霊自体は人と同じように触ったり、ストーカーのように付いてきたりする事は勿論あります。

霊感が強い方はそれを感じてしまい、霊が憑依しないにしても、近づいてくるだけで恐怖を感じる方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、結界と他の技法を組み合わせて、近づいて来ただけで霊が消滅してしまう結界の張り方を致しましたり、霊が近寄ってきたら除霊を行う等、様子をみつつ対応をしていく事が出来ます。
唯一不可能な事は、霊感を無くす事です。
霊感がある方は、ちゃんと向き合って、上手い付き合い方を、考えていかねばなりません。